« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

気合で合奏

今日は神田のスタジオでのレッスン日note 曲は「尾上の松」「春の海」「ことうた~日本の歌」でしたnote「尾上の松」は大学院の卒演で弾いた曲で、弾きながら当時の事が色々思い出されますsandclock 自分が習った事を、何年か経ってこんどは人に教えるというのは、とても勉強になりますshine 来月の合奏も楽しみですhappy01

|

みんなの顔を見てホッとしました

今日のリハーサルは早朝から夕方まで、無事に出来ましたhappy01 地震の後いくつかのリハが中止となり色々滞っていましたが、序々に再開していますshine 今日は電車の遅れも停電も無く、とってもスムーズに事が進みましたnote 今まで当たり前だった事の一つ一つがとても有り難く、みんなで集まって合奏が出来る幸せをたくさん感じながらも、リハのそのものは回数が減った分密度の濃い、厳しいものになりますcoldsweats01 本番前にしわ寄せがこないよう、頑張りますheart04

|

ホラーの世界?!

今日も夜停電となり、真っ暗night それにもめげずにロウソクの光の中で古曲の「残月」という曲を練習していたら、家族に「めっちゃホラーの世界やんshock」と言われてしまいましたhappy02 失礼なっsign03 でもまあいいかcoldsweats01 「残月」は作曲者が弟子の娘の夭死を悼んで作曲した追善曲だし、仕方ないかcoldsweats01

今日の停電は1時間で終わりflair明るくなって流し台を見ると、おかずが入ったまま水に浸かっているお皿が・・・sign02ふだんは食べ物を残さない家族が「暗くて見えなかったcoldsweats01全部食べたかと思った」ですってbearing これも仕方ないかcoldsweats01  

|

節電してます!

今日も午後に3時間の停電がありました。 生憎天気が曇っていたので部屋の中は薄暗くなってしまいましたが大丈夫happy01 暗譜している曲の練習なら問題ありませんshine 古曲の「残月」という曲の練習をしていますが、薄暗い方が集中出来ますshine あるお弟子さんが懐中電灯を照らしながら「夕月」という曲の練習をしていると言っていましたが、この曲もきっと同じですねhappy01節電を心がけると、今まで必要以上に電気を点けすぎていたり、コンセントを外していなかった事に気づきますflair きっとこれからは良い習慣になると思いますheart04

|

月を見て思うこと・・・

私のとっても身近な方に福島出身の方が数人いるのでとても心配していました。連絡を取った所皆さん命はご無事で安心しましたが、家を失って避難されている方も数人いました。ガソリンが無く避難にも大変困難を強いられたそうで、この1週間のご心労とお体の疲れは想像を絶します。その方達のために私達が出来る事は何でもやって、少しでも支えになりたいですね。

NASAによると本日3月19日は月と地球が最接近する現象「スーパームーン」。月と地球が最も遠い距離にある時と比べると、およそ14%も大きく、30%も明るく見えるそうで、確かにとても明るく美しい月が見れましたfullmoongoodそして明日20日は満月ですfullmoon被災地の皆さん、電気もまだ通っていない所も多いと思いますが、ぜひこの月を堪能して少しでも元気を出して頂ければと願いますfullmoon

|

暗闇の2時間

昨日の停電はぴったり2時間で終わりましたflairその間携帯電話は使えたのでメールは出来ました。水道は止まっていたので予め貯めておいた水を使いました。役にたったのが手回し発電のラジオnote 暗闇の中で何も出来なかったので、家族で30秒の手回しで何分ラジオが鳴るか実験をした所、20分以上鳴っていましたnotes 優秀ですshine そして2時間経って突然電気が復旧し、さあお風呂に入ろうと思ったらまたグラッときて、静岡が震源地の地震でしたsweat01落ち着かない夜でしたが、こんな事は小さい事。とにかく被災地の方達が心配です。

|

只今計画停電中

先ほど18時50分、停電が始まりました。昨日も停電予定でしたが実際にはならなかったので、もしかしたら今日も停電にならずにすむのでは…それに停電の30分前にはサイレンが鳴らされる、という事だったので油断をしていました…。がサイレン無しにいきなり停電。ちょっとびっくりしました。そんな中トントンと玄関で音がしたので出ると、郵便屋さんでした。この時間に指定した不在郵便を届けに来たのです!真っ暗の中バイクを運転して来た配達員さんには、頭が下がりました。停電はちょっと不便ですが、被災地の方々を思うと大した事ではありません。ロウソクの灯りとラジオを頼りに過ごします。

|

涙が止まりません

大地震の恐ろしい被害状況、被災地の方々を思うと涙が止まりません。大切な家族や家を失った方、怪我をされても満足な治療が受けられない方、あまりの苦しみの大きさに震撼してしまいます。東京は被害が少なかったですが、昨日急に発表された計画停電で街が混乱しています。電車が数多く止まっているので、通勤は電車が動いている駅まで何とか自転車か徒歩で行くしかありません。近所のスーパーは懐中電灯・電池・米・非常食などすべて売り切れています。こうなってみると、普通にご飯が食べれて電車に乗れるという事の有り難さをつくづく感じます。今こそ自分を生かしてくれているすべての事に感謝しながら、自分に出来ることをやりたいと思います。

|

怖かった・・・

昨日の地震、皆さんはご無事でしょうか。私の家はマンションの2階ですがかなり揺れて、本棚の本やスピーカーが落ち、食器戸棚のグラスも落ちていくつか割れました。夕方から出稽古に出かけましたが、彼女の家はマンションの9階、水槽が床に落ちて割れ部屋は水浸し、立てかけてあった箏も倒れていました。今日、外へ出てみると私の家の扉の横にヒビが入っていて、管理人さんによると他にもそのような部屋が数件あるそうです。本当に怖い地震でした。私はちょうど地震が起こった時、4月に初演する「いのち」という曲の譜面の準備をしていました。これも偶然ではない、何か重いものを感じずにはいられません。自分に出来る限りの精一杯の気持ちを込めて、この曲に臨みたいと思っています。

|

五十鈴川

今日は宮城道雄作曲の「五十鈴川」の講習会をしましたnote 高校生の時に初めて舞台でソロ曲を弾いたのが、この曲でしたshine 弾きながら厳しかった師匠の顔、言葉、手・・・などが自然と思い出されますhappy02 父親もこの曲が好きで「良い曲だね・・・」と言ってくれたのが、厳しい練習の励みになったと思いますheart04 伊勢神宮の御手洗場となっている五十鈴川、そこを1度訪れただけでその神々しい空気を感じ、曲にした作曲者の感性の豊かさを演奏者として少しでも表現したいと思いますshine 講習を受けた方には、ぜひレパートリーにして頂きたい曲ですnote

|

メトロノームの旅

今日はフランス出身のお弟子さんの稽古、彼女は家からメトロノームを持ってきましたnote家というのはフランスの実家の事ですeye それも電池式の物ではなく三角の、振り子の位置で速度が変わるメトロノームです(私も子供の頃ピアノの稽古に使っていました)notes彼女のお父さんが古い物が好きで取ってあったそうですが、ドイツ製でプラスチックではなく木で出来ているのがとても素敵でしたshine フランスから持ってきた彼女の熱意に感心しながらレッスンをしましたheart04

|

稽古初日

6月に開催される森の会(芸大生田流卒業生の会)の稽古初日note数年ぶりにこの会に出演させて頂きますが、先輩からも後輩からもたくさんの刺激を受けながら、出来る限りの力で精一杯取り組もうと思っていますshine どんな曲に仕上がるか楽しみですheart02

|

お客様と一体に

昨日の「女性5人によるスプリングコンサート」は無事に終わりましたhappy01 5人のうち尺八の金子朋沐枝さん以外は芸大時代の同級生note 卒業後もずっと演奏を共にしていますnotes 今日は皆さんが知っている曲を多く演奏しましたが、お客様と一体になってコンサートを楽しむ事が出来たと思いますhappy01 「千の風になって」でハンカチで目を押さえている方、「ポニョ」を振りつきで歌う子供・・・終演後にロビーでお客様にお礼のご挨拶をしていたら、「コンサートを企画したい」と名刺を置いていかれたり、「使わない箏があるから差しあげたい」という嬉しいお申し出まで頂き感激しましたheart02 オープンしたばかりのホールで気持ちよくコンサートが出来て、嬉しい1日でしたheart04

|

リハも大盛り上がり!

明日はいよいよ箏と尺八note女性5人によるスプリング・コンサート本番notes 昨日の最終リハも賑やかに盛り上がりましたshine 曲作り・トーク内容・衣装合わせ(今回は着物)・・・など入念に打ち合わせをし、練習の合間にはツアー報告などを聞き、気が付いたら10時近くになっていましたhappy01 明日またみんなに会うのが楽しみですheart02

|

深いお話

父の同級生とお会いしてお話しましたshine 父と同郷の鳥取県ご出身、若い時にお父様を亡くされ東京で弁護士になって、75歳の今でも現役で仕事をされていますshine さすがに方言は出ないものの、話の端々に鳥取県のお話が出てきて、私の父もそうですが郷里を愛するお気持ちが伝わってきますheart01 その方がゆっくりとした口調でつくづく仰ったのは「最近40年も前にした仕事の当事者の息子が来て、お陰様で父も幸せな人生を終える事が出来たとお礼を言われた。その時やっと自分は良い仕事をしたんだと実感できた。」というお話でしたsandclock 永い間弁護士の仕事をやってこられた方の、心に沁みる素晴らしいお話だと思いましたheart01 ずっとお元気でお仕事を続けて頂きたいと心から思いましたshine 

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »